Syouhisyakinyuu Syoukai Home Page
消費者金融商会 ホーム

-消費者金融総合情報案内所-


勤務先と勤続で8割決まる

消費者金融で借り入れを申し込む場合、必ずと言って良いほどご自身の勤務先や勤務して何年かと勤続年数を聴かれると思います。
これは単に第二連絡先として聴かれるのでは無く、消費者金融でお金を融資する際の審査対象となっているから聴かれるのです。
勤続年数は話すまでも無いと思いますが、勤続年数は長ければ長いほど良いに決まっています。
数年で職を転々としている人間よりは、同じ仕事を長く続けている人間の方が責任感の意味からも重要視されます。
仮に勤続30年の人が申込みをした場合、消費者金融側としてはこう判断します。
30年以上も勤めてきた人間が、今日明日で辞めるとは思わないし、今会社を辞めても退職金で返済は可能だろうという事です。
では勤務先はというと・・・。

Aランクとしてはやはり公務員になります。
特に警察、消防などは特Aとなります。
市区町村はその次ですが、関東より北方面の公務員よりは、関西より南は特に良い公務員とはいえません。
次は大手企業です。
上場企業は3年以上勤めている場合、自信を持っていいと思います。
但し、派遣や契約社員は別の扱いとなります。
民間の上場企業でAランクとされるのは銀行系やインフラ関係の企業です。

では、消費者金融からみる優良とされない会社はどのような会社でしょうか?

上記の企業はどのような会社が多数を占めていると思いますか?
そうです・・・収入です。
それも、一定の収入がある会社を消費者金融は好みます。
消費者金融の貸付基準で一定の給料が保障されている企業はとても審査が甘いのです。

それとは逆に毎月の給料に変動がある、タクシー、土建関係、保険セールス等は審査がとても厳しくなっています。
これを観ているあなたがどれに当てはまるかは分かりませんが、月収に変動がある場合、連帯保証人や担保を迫られる場合がある事を覚悟して
下さい。